分配方法

投資信託では運用実績などに合わせて分配金が支払われることがあります。しかし、投資信託の分配方法は金融商品によって異なることになっています。主に債券や不動産などのリスクの低い金融商品を対象とした投資信託では、毎月分配型のものが多いです。低リスクの金融商品は安定運用が期待できることから、毎月分配金を出しやすい環境があります。日本の個人投資家は毎月定期収入がある毎月分配型の投資信託を好む傾向があるため、金融機関の多くは毎月分配型の投資信託を増やす流れが出来ていました。その結果、海外の債券を対象とした毎月分配型の投資信託への資金流入が続いた過去があります。次に株式などのリスクの高い金融商品を対象とした投資信託では年に1回または2回、配当金を出すところが多いです。株式を対象とした投資信託は相場変動が大きいために運用成績が上がらなかったファンドでは、配当金を出すことが見送られることも出てきます。逆に運用成績が良かった場合には、配当金が多くなることもあります。さらに投資信託の中では分配金を受け取らないで、その分を再投資に回すことを選べるものも販売されています。分配金を再投資に回した方が運用資金が大きくなるため、長期投資をするには再投資をする投資信託が適しています。

コメント

コメントを受け付けておりません。