購入時期

投資信託の購入時期としては、金融市場が軟調になっている時に少しづつ投資していくのがオススメとなります。投資信託というのは、中長期の投資をするのが基本です。そのため、長い期間を掛けて分散投資をしておくと購入単価を下げることが可能となります。株式市場というのは年に何回かは市場にショックが起こり、株価が全面安になる局面が出てきます。そのような局面では投資家の多くが弱気に傾くようになるため、株式が割安になってくることが起こってきます。株式が割安になっている局面では、投資信託の買いを入れておくとリバウンド相場になった時に含み益が乗ることになってきます。投資信託に少しでも含み益が出ていると、長く保有することが苦でなくなります。しかし、全体相場が弱気になっている時に投資を増やすことは、案外難しい面があります。全体相場が下がっていると、さらに株価が下落するのではないかと不安になるからです。相場が下がった時に投資をできない人であれば、投資信託の購入は毎月などに定額を積立てていく方法が有効となります。毎月一定の金額を投資することで、相場が下がった時には多くの株式を購入し、相場が上がっている時には株式を少なく購入することができるため、購入コストを平均化することが可能です。

コメント

コメントを受け付けておりません。