運用対象商品

投資信託とは多くの投資家によって出資や拠出をされた資金を集めてアセットマネージャーやファンドマネージャーなどの資産運用の専門家が株式や債券、金融派生商品などの金融資産や不動産などに投資して、運用して得た成果を資金を出資した投資化に対して分配するという金融商品のことです。投資信託の分類は応募期間や運用方法、投資対象、経済分析方法などによっていくつかに分けられていて、運用対象商品による分類としては、公社債投資信託としてのMRFやMMF、長期公社信託投信、中期国債ファンドなどや、株式投資信託としての国内株式型や国債株式型、バランス型などに分類されています。投資信託というのは株式や債券、CPなどの金融商品に対して投資を行って個別に決算をする仕組みになっていて、原則として元本保証はありません。銀行などの普通預金や定期預金などよりも投資による利益が期待されることもあり人気となっていますが、この利益に相当するリスクをとったことによるリスクプレミアムを受け取っていると考えられています。現在の日本のようなゼロ金利政策による預金での利息収入の減少状態において、資産運用のための一つの手段として多くの投資家から注目されている金融商品です。

コメント

コメントを受け付けておりません。